天使のひと言 

よく検索されるキーワード

  • 避難訓練
    (1)
  • 着替え
    (1)
  • 教材
    (3)
  • バス停
    (1)
  • 給食
    (1)
  • パス
    (1)
  • バイク
    (1)
  • 算数
    (1)
  • ご褒美
    (1)
  • 握手
    (1)
  • 指導
    (1)
  • ツバメ
    (1)
  • 健康診断
    (1)
  • 太陽の塔
    (1)
  • 万博公園
    (1)
  • 遠足
    (1)
  • 上靴
    (1)
  • おもちゃ
    (1)
  • おかたづけ
    (1)
  • 自由画
    (1)
  • トイレトレーニング
    (1)
  • キーワードをもっと見る

    検索結果:121件

    天井に映し出された月

    プラネタリウム鑑賞でのこと。 天井に映し出された月を見ながら話を聞いていました。 解説の方が「もっと近づけて月を見てみましょう」とクローズアップされました。 すると、Aちゃんは「ぶつかる!」と言いながら、思わず顔を手で覆い、からだも避けていました。

    五歳児

    五歳児

    プラネタリウム

    プラネタリウム鑑賞に行く前日のこと。 Tくんは「明日のプラネタリウムは夜に幼稚園に集まってから見に行くの?」と尋ねました。

    五歳児

    五歳児

    手ぼうきで

    昼休みのこと。雪が降って寒い日でした。 外遊びをしていたいちご組の子どもが、冷えたのか靴箱の前でおもらしをしてしまいました。 その子ども「汚れちゃった(パンツが濡れてしまった)」 Aちゃん「ああ大変。汚れてしまったのね」と言いながら手ぼうきで掃こうとしました。 靴箱で汚れたという言葉を聞いて、砂が溜まっていると思ったのかもしれませんね。

    満三歳児

    満三歳児

    保育室からの移動時に

    保育室から並んで移動するときのこと。 保育者「前のお友達の肩を汽車ポッポにして持って歩いてね」と伝えたところ、 自分の両肩に自分の手を乗せてトントン叩いていたのはHちゃんでした。

    満三歳児

    満三歳児

    ミカンの種

    給食の時間、デザートのミカンを食べ終わったYくん「これあげる」とミカンの種をくれました。 保育者「種、くれるの?」 Yくん「土に植えたらいいよ!生えてくるから」 私も昔“グミの実の種を植えて、生えないかな?”と待っていたのを思い出しました。

    五歳児

    五歳児

    卵を割るように

    パン給食で、バターロールにジャムを塗るときに、保育者が「卵をパカッと割るようにして、ジャムをサンドイッチにすると手が汚れなくていいよ」と伝えると、 Kくんはお皿の周りに卵を割るときのように、バターロールをコンコンとあててからパンを半分に割りました。

    満三歳児

    満三歳児

    左手も使って

    給食の時間のこと。 Nくんが左手を机の下に降ろしてご飯を食べていたので、 保育者「左手も使って(お皿に添えて)食べようか」と言うと、 Nくんは不思議そうな顔をしてスプーンを左手に持ち替えて食べ始めました。

    満三歳児

    満三歳児

    蛇口の開閉の練習

    いちご組では水道の蛇口の開閉の練習につながればと、ペットボトルの蓋などを利用して開閉の練習をすることがあります。子どもたちがコマを回している姿を見ていると、手首をひねる動作と同じだと気がつきました。 これならば、遊びながら水道の水を出す(手首をひねる)練習になると思いました。

    満三歳児

    満三歳児

    天国

    子どもたちと一緒に雪を見てから保育室に入ったときのことです。保育室が温かったので、 保育者が「お部屋は暖かくて天国やな」とつぶやくと、 Sくん「え?天国は死んだ人しか行けへんで」と答えが返ってきました。

    満三歳児

    満三歳児

    縄跳び

    年中組が縄跳びに取り組んでいる姿を毎日見ていた子どもたちが、縄跳びをしたいと言い出しました。 さっそく縄を借りてきて跳んでみると、 Rちゃんは縄を前後ろに動かし跳んだような気持になったようでした。 彼女は「跳べたよ!」ととても嬉しそうで、笑みがこぼれました。

    三歳児

    三歳児

    お母さんの靴を

    お兄ちゃんを送ってきたあと、園庭で遊んでいた妹さんがお母さんと帰られるところに出くわしました。 一度外靴を脱いで廊下に上がり北門の方へと、お母さんは先に妹さんを誘導されました。 するとこれを見ていたさつき組のRちゃんは、さっとお母さんの靴を北門側に運んだのです。 なんと気が利くのでしょう!お母さんと私は感動しました。

    四歳児

    四歳児

    サイコロの絵

    バスに乗ってきたRちゃんが「先生、見て」と手紙を渡しました。 開くと、いろいろな目のサイコロが5個程描かれており、矢印で繋がれていました。 「サイコロがコロコロ転がってるねん」とRちゃん。 なるほど!時の経過が表現されていたのでした。

    三歳児

    三歳児

    トップへ戻る

    天使のひと言を投稿してみませんか?

    子ども達がなにげなく発する「かけがえのないひと言」を、保育の現場から先生達が集めてご紹介します。
    採用させていただいた「ひと言」はこちらページでご紹介します。

    投稿はこちらへ

    天使のひと言を投稿してみませんか?