NEWS

園のプロフィール イメージ

宇治市でいちばん
「子どもが育つ教育施設」
を目指して

幼稚園教育のナンバーワンというのではなくいろいろな領域でオンリーワンでありたいのです。これを達成するためには、切磋琢磨を子どもたちに要求するばかりではなく私たち保育者が適切で適時なバックアップをすることで、より豊かな心をもつ子どもに育つものだと信じています。

園のプロフィール

Picture

  • 子どもの絵 イメージ
  • 子どもの絵 イメージ
  • 子どもの絵 イメージ

子どもの絵は心の窓
絵画活動で「自分の思いを描く」

今では何でも簡単に写真や映像に残せるようになりましたが、絵は目で見た情報だけでなく感じたことが表現できます。大人は見た物をそのまま描き写しがちですが、子どもは自分が思いを寄せているところを強く表現します。絵画活動では自分の思いを描くことができるように取り組みます。

子どもの絵

Angel

子ども達がなにげなく発する「かけがえのないひと言」を、保育の現場から先生達が集めてご紹介します。

天使のひと言
  • バスに乗っているときのこと。 Tくん「昨日な、初めて歯が抜けてん!」 保育者「おめでとう!」 Tくん「でもな、小さい歯が抜けてん、大きい歯(奥歯)はまだやのに…」 Tくんは歯が大きくなったら抜けるのだと思っていたようです。

    (五歳児)©2017広野幼稚園

  • 筆の使用の仕方を 怒った筆(絵の具が少ししかついていない筆) 笑った筆(望ましい状態の筆) 泣いた筆(絵の具が垂れてしまうぐらいの筆)と分かりやすく表現しています。 筆でお散歩をしようと取り組んでいたときのこと。Aくんの絵の具がかすれていたため、 保育者「ほら筆見てね。笑っている筆の方が描きやすいし、良いね」と指示書を示しながら声をかけました。 ふとAくんの隣に座っているIちゃんを見ると、 筆でお散歩した絵の中にニッコリ笑った顔を描いていました。

    (満三歳児)©2017広野幼稚園

Voice

  • 今回の「ひろのワールドカップ」。保護者から見ても非常に楽しい時間でした。息子にとっても良い経験であり、良い思い出になり、成長に繋がる運動会になったと思います。これも園長先生をはじめとする職員の皆さんの運営と担任の北村先生やその他の先生の愛情を持った教育態勢のおかげだと感じました。息子の成長を促進していただける教育を引き続きよろしくお願いします。次の行事は家族みんなで参加できるようにします。計画の段階から撤収まで本当にご苦労様でした。これからもよろしくお願いします。 

    (満三歳児S.H)

    see more
  • 普段の幼稚園の様子がよくわかってとても良かった。年少・いちご組のみんなもちゃん
    と座って楽しそうにいろんなことをしているのを見て、すごいなと思いました!

    see more
  • 色どりも良くて美味しかったです。メニュー通りおかずの種類が多くバランスもいいように感じました。たくさんの食材を使ってくれているので好きな食材を増やしてくれるといいなと思います。

    see more

ひろのようちえん

入園をお考えのみなさまへ

子育て支援の一環として平成7年から園庭開放を始め、未就園児教室として平成11年にスタート。毎年すてきな親子の方々とお会いし皆さまのニーズにお応えしながら教室を増やしてきました。25年度からは「ぱれっとサロン」を新たに加え、4種類のコースからお選びいただけます。

未就園児保育
入園をお考えみなさまへ イメージ

子ども達の様子や楽しいエピソード