天使のひと言 

よく検索されるキーワード

  • 避難訓練
    (1)
  • 着替え
    (1)
  • 教材
    (3)
  • バス停
    (1)
  • 給食
    (1)
  • パス
    (1)
  • バイク
    (1)
  • 算数
    (1)
  • ご褒美
    (1)
  • 握手
    (1)
  • 指導
    (1)
  • ツバメ
    (1)
  • 健康診断
    (1)
  • 太陽の塔
    (1)
  • 万博公園
    (1)
  • 遠足
    (1)
  • 上靴
    (1)
  • おもちゃ
    (1)
  • おかたづけ
    (1)
  • 自由画
    (1)
  • トイレトレーニング
    (1)
  • キーワードをもっと見る

    検索結果:56件

    歯が初めて抜けて

    バスに乗っているときのこと。 Tくん「昨日な、初めて歯が抜けてん!」 保育者「おめでとう!」 Tくん「でもな、小さい歯が抜けてん、大きい歯(奥歯)はまだやのに…」 Tくんは歯が大きくなったら抜けるのだと思っていたようです。

    五歳児

    五歳児

    筆のお散歩

    筆の使用の仕方を 怒った筆(絵の具が少ししかついていない筆) 笑った筆(望ましい状態の筆) 泣いた筆(絵の具が垂れてしまうぐらいの筆)と分かりやすく表現しています。 筆でお散歩をしようと取り組んでいたときのこと。Aくんの絵の具がかすれていたため、 保育者「ほら筆見てね。笑っている筆の方が描きやすいし、良いね」と指示書を示しながら声をかけました。 ふとAくんの隣に座っているIちゃんを見ると、 筆でお散歩した絵の中にニッコリ笑った顔を描いていました。

    満三歳児

    満三歳児

    卵型のはんこ

    エポンテ(商品名)という卵型のはんこを使用していたときのこと。 Mくんは1回ずつ机の角でトントンと卵を割る動作をしてから蓋を開けてスタンプを押していました。

    満三歳児

    満三歳児

    写真で見た人たち

    もみじ組の子どもたちは、昼食時から京都フローラの選手が来てくださるのを楽しみにして、顔写真を見ていました。 実際に選手が現れたのを見て「わ!さっきの写真で見た人たちや」

    五歳児

    五歳児

    空を飛んでいるのは?

    トンボがよく空を飛ぶようになったので、 保育者「夏はセミの声がたくさん聞こえてたけど、今は何が空を飛んでるかな?」と質問すると、 Kくんは「サンタクロース!」と言いました。

    三歳児

    三歳児

    二つの大きな円

    明日に年長児の園児大会があるという日、年長児全員が講堂で二つの大きな円を作って踊っていました。 この様子を舞台の上で見ていた私と年少児のNくん。 Nくんも興味が乗ってきそうだったので、保育者が輪の近くに行き、二人の子ども(男と女)に「入れて」と言うと、 二人は手を離し、中に招き入れようとしました。 私は2クラス全員で繋いでいる輪の中に入れてほしかったのでした。

    五歳児

    五歳児

    東本願寺の前を通ると

    動物園行きのバスが東本願寺の前を通りました。 すると、Rくんの「忍者がいるところや!」の声で、 周りの子どもたちも「忍者、忍者」と喜んでいました。

    四歳児

    四歳児

    古いお寺を見て

    京都市動物園に向かうバスのなかでのこと。 東本願寺の横を通った際、Iくんは「急にえらい田舎に来たな…」と言いました。 古いお寺を見てそう思ったのでしょうか。

    四歳児

    四歳児

    みなさん立ちましょう

    運動会でのこと。園児席で年中さんの玉入れを応援していたとき「みなさん立ちましょう」と言うアナウンスが流れ、もみじ組の数名の子どもたちが立ち上がっていました。

    五歳児

    五歳児

    アルファベットを身体で表現して

    同じくNちゃんの絵の中にアルファベットらしき文字が描いてありました。よく見ていると“VMCA”と書いてありました。子どもからすると自分の身体で表現していた“Y”の文字が“V”と認識していたんだなと感心しました。

    四歳児

    四歳児

    玉入れの絵

    運動会の翌日、Nちゃんが大きな紙に絵を描いて持って来てくれました。一つひとつ見ていると、玉入れの籠の横に紅白玉が何個も描いてあり、矢印が籠の中に向けられていました。 “もっと入れたかった”という思いが表れているなと感心しました。

    四歳児

    四歳児

    新しい靴

    新しく買ってもらった、星がたくさん描かれた靴を履いてきたHくん。 園庭でおいかけっこをしていると、 Hくん「先生、今日はHくん(自称)速く走れるで」 保育者「なんで速く走れるん?」 Hくん「お星さまいっぱいやから。速く走れて、お空まで行けるねん」

    三歳児

    三歳児

    トップへ戻る

    天使のひと言を投稿してみませんか?

    子ども達がなにげなく発する「かけがえのないひと言」を、保育の現場から先生達が集めてご紹介します。
    採用させていただいた「ひと言」はこちらページでご紹介します。

    投稿はこちらへ

    天使のひと言を投稿してみませんか?