天使のひと言 

よく検索されるキーワード

  • 避難訓練
    (1)
  • 着替え
    (1)
  • 教材
    (3)
  • バス停
    (1)
  • 給食
    (1)
  • パス
    (1)
  • バイク
    (1)
  • 算数
    (1)
  • ご褒美
    (1)
  • 握手
    (1)
  • 指導
    (1)
  • ツバメ
    (1)
  • 健康診断
    (1)
  • 太陽の塔
    (1)
  • 万博公園
    (1)
  • 遠足
    (1)
  • 上靴
    (1)
  • おもちゃ
    (1)
  • おかたづけ
    (1)
  • 自由画
    (1)
  • トイレトレーニング
    (1)
  • キーワードをもっと見る

    検索結果:258件

    絵の具

    絵の具をしていたときのことです。 Kくんの筆洗の水がこぼれていました。 保育者「大丈夫?濡れていない?」 Kくん「…え?全部塗れてるけど」 保育者は衣服が濡れていないかを聞いたのですが、Kくんは色が塗れたかどうかと受け止め、答えたのでした。

    五歳児

    五歳児

    みんなのエプロン

    さくらんぼ組をのぞいていると、ちょうどおやつの時間でした。 井上先生がみんなのエプロンをテーブルの上に置くと、 Kちゃんは「〇〇ちゃん、どうぞ」と配りはじめました。 すべての子どもの名前とエプロンの図柄を覚えているKちゃんに驚き感動しました。

    二歳児

    二歳児

    お芋堀り

    お芋堀りの日に会った年中組の子どもに「今日はお芋掘りだね。3株もあるからがんばって掘ってきてよ」と言うと、 Fちゃん「カブ採りに行くのちゃうで、お芋やで」

    四歳児

    四歳児

    先生は双子?

    Cちゃん「山中先生2人いるやろう」 保育者「そうだよ。山中理恵先生と山中雅代先生だよ」 Cちゃん「きょうだい?」 保育者「きょうだいじゃないよ」 Cちゃん「双子じゃないみたいやし、いとこ?」 保育者「いとこじゃないよ」 Cちゃんの頭の中でいろいろ考えている様子がうかがえました。

    四歳児

    四歳児

    静電気

    人工芝に遊びに行き、南の段差のところで休憩していたときのことです。 私の後ろにいたNくんが、突然「うわっ!」と叫びました。 保育者「どうしたの?」 Nくん「先生、この柵って、落ちないようにビリビリってなるの?」 静電気が、安全を守るための電流だと勘違いしたのでしょう。

    四歳児

    四歳児

    豆まき

    家で豆まきをしたときのこと。 豆を食べたKちゃんは「口の中がきなこになってる」と言いました。 おもちパーティーで豆からきなこになる体験を思い出したのでしょうね。

    四歳児

    四歳児

    ひなまつり

    ひなまつりの歌をうたっていたときのこと。 「~もものはな」の歌詞を歌いながら教えているときに 子ども「どんな花?」 保育者「(写真を見せながら)こんなピンクや赤い花だよ」 Yちゃん「え、全然桃の形してないやん!」

    三歳児

    三歳児

    涙を落として

    保護者の方から聞いたお話です。 造形活動で筆を使う時に「絵の具が垂れているときは、涙を落としてから描くようにしようね」と声をかけていました。 するとHちゃんは家でおでんの具材を食べるときに汁が垂れると、お皿の縁で落としてから食べるそうです。 「永友先生が言ってた」と話したそうです。 思わず笑ってしまいました。

    満三歳児

    満三歳児

    お月さま

    幼稚園からの帰り道。 Tくん「今日のお月さんは怖い顔やな」 夜空を見上げると、三日月でした。怒っている人の目に見えたようです。

    五歳児

    五歳児

    思いやりの言葉

    バスに添乗していたときのこと。 バス停とバス停の間が近いので、座らずにステップで立ち続けていると、 Kくんは「先生も座ってや」と思いやりの言葉をかけてくれました。 年少児がこんなに周りを見て気の利く言葉をかけてくれたことに感動しました。

    三歳児

    三歳児

    玉はどこにあるの

    職員室の前の玉転がしの玉が見当たらず、職員室にやってきたのはAくん。 保育者が「あっ。さっき、下のピロティで見たような」とつぶやくと、 Aくんは、私が座っていた職員室の机の下をのぞき、探し始めました ピロティという言葉を聞き漏らしていたのでした。

    満三歳児

    満三歳児

    コラージュをしていて

    メダカの卵のコラージュをしていたときのこと。 Mちゃんの作品を見ると、水色の紙の上に銀の紙がきれいに貼ってありました。 保育者「きれいに貼れたね」 Mちゃん「うん。お布団2つ(枚)いるからね。お風邪ひいたらかわいそうやもん」 なるほど下布団と掛け布団だったんですね。Mちゃんの優しさに癒されました。

    満三歳児

    満三歳児

    トップへ戻る

    天使のひと言を投稿してみませんか?

    子ども達がなにげなく発する「かけがえのないひと言」を、保育の現場から先生達が集めてご紹介します。
    採用させていただいた「ひと言」はこちらページでご紹介します。

    投稿はこちらへ

    天使のひと言を投稿してみませんか?