天使のひと言 

よく検索されるキーワード

  • 避難訓練
    (1)
  • 着替え
    (1)
  • 教材
    (3)
  • バス停
    (1)
  • 給食
    (1)
  • パス
    (1)
  • バイク
    (1)
  • 算数
    (1)
  • ご褒美
    (1)
  • 握手
    (1)
  • 指導
    (1)
  • ツバメ
    (1)
  • 健康診断
    (1)
  • 太陽の塔
    (1)
  • 万博公園
    (1)
  • 遠足
    (1)
  • 上靴
    (1)
  • おもちゃ
    (1)
  • おかたづけ
    (1)
  • 自由画
    (1)
  • トイレトレーニング
    (1)
  • キーワードをもっと見る

    検索結果:121件

    江戸いろはカルタの一句

    サッカー大会ではキーパーのポジションだったHくん。シュートが決められるたびに独り言を言っています。 耳を澄ませて聞いてみますと「負けるは勝つ」と保育で取り組んでいる江戸いろはカルタの一句を言っていました。 その反対に、自チームのシュートが決まると「油断大敵」とつぶやいていました。

    五歳児

    五歳児

    青いサンタさん

    12月になり、お帳面に押すハンコが変わったので、 「今日からサンタさんのハンコだよ!」と言うと、 何人かの子どもが集まってきました。 お帳面に押されているサンタのハンコを見て、 Mちゃん「あれ、何でサンタさん赤じゃないの」 お帳面のハンコは青色で押していたので、青いサンタさんだったのでした。

    三歳児

    三歳児

    “美味しい”のかわりに

    給食の時間のことです。 ご飯を食べるのが大好きなSくんは、給食を食べて「ビール、うんまっ」と言います。 話を聞くと、お父さんの言葉を聞いて“ビールうんま”という言葉が“美味しい”という意味だと思っていたようです。

    満三歳児

    満三歳児

    ボタンも留めてね

    ブレザーをハンガーに掛けていたSくんが「先生、掛けれたよ」と見せてくれました。 ハンガーにかけたブレザーのボタンが外れていたので「ボタンも留めておいてね」と私が言うと、 Sくんは自分が着ているベストのボタンを見て首をかしげていました。

    三歳児

    三歳児

    屋上のサンタさん

    保育所棟の屋上に飾られているサンタを、園庭で子どもたちと見ていたときのことです。 Mくんが「サンタさんがバイバイしてる!」と言うので、 サンタを見ると、その日は風が強かったので、サンタが揺れているのが手を振っているように見えたのでしょう。

    三歳児

    三歳児

    もみじ組はどこ?

    部屋に遊びに来てくれたHくん 「もみじ組ってどこにあるの?」 Uちゃんが「下にあるよ」と言うと、 Hくんは不思議そうな顔をしながら床を眺めています。 保育者「階段を降りてふじ組の下のところにあるよ」 Hくんは納得した表情で、階段を降りていきました。

    三歳児

    三歳児五歳児

    あいうべ体操

    最近、いちご組では毎朝、風邪予防対策として“あいうべ体操”をしています。 お帰りの時間、私があくびをして口を開けているのを見たNくん「あーいーうーべー!」と元気よく“あいうべ体操”をしました。

    満三歳児

    満三歳児

    白い息

    朝のバスでのことです。 Kくん「今日寒いから息が白いよ!でも、外では白かったのにバスではならないなぁ」 保育者「バスのなかは温かいもんね」 Yちゃん「手に息かけたら白くなるんじゃない?冷たいもん」と言って二人で手に息を吹きかけていました。

    三歳児

    三歳児五歳児

    いちごさん

    ご近所さんから「Sちゃん、七五三(しちごさん)やな」と言っていただきました。 Sちゃん 「うん。Sはいちごさんやで」と一言答えた後 お母さんに「何でみんなSがいちごさんって知っているやろ」と言いました。

    満三歳児

    満三歳児

    クイズ番組を見ていて

    (アタック25の)クイズ番組を見てテレビの前で答えていました。3問ほど答えることができ、私が「お母さん、いけそうやな(出場できそうやなの意味で)」と言うと、 Tくん「行ったらあかん」とテレビの世界に行くと思い必死で止めて来ました。

    四歳児

    四歳児

    看板の矢印

    私が子どもの頃の話です。道路沿いにある「○○まで△メートル」という看板とともに矢印があり、直進だと矢印が上を向いています。 それを上に行くものだと勘違いしていました。 しかし、両親はその勘違いを子どもならではの考えと認め「目をつぶってみ、いま上に行ってるよ」と言葉をかけてくれました。

    四歳児

    四歳児

    なんでバイバイなん?

    土曜保育の日のことです。 すみれ1組の窓を見ていたらKくんのおじいちゃんがお迎えに来られたのが見えたので、 保育者「Kちゃん、おじいちゃん来てくれたよ。バイバ~イ(ここにいるよの意味で)してあげようよ」 Kくん「なんでバイバイなん?」 ごもっとも。

    三歳児

    三歳児

    トップへ戻る

    天使のひと言を投稿してみませんか?

    子ども達がなにげなく発する「かけがえのないひと言」を、保育の現場から先生達が集めてご紹介します。
    採用させていただいた「ひと言」はこちらページでご紹介します。

    投稿はこちらへ

    天使のひと言を投稿してみませんか?