天使のひと言 

よく検索されるキーワード

  • 避難訓練
    (1)
  • 着替え
    (1)
  • 教材
    (3)
  • バス停
    (1)
  • 給食
    (1)
  • パス
    (1)
  • バイク
    (1)
  • 算数
    (1)
  • ご褒美
    (1)
  • 握手
    (1)
  • 指導
    (1)
  • ツバメ
    (1)
  • 健康診断
    (1)
  • 太陽の塔
    (1)
  • 万博公園
    (1)
  • 遠足
    (1)
  • 上靴
    (1)
  • おもちゃ
    (1)
  • おかたづけ
    (1)
  • 自由画
    (1)
  • トイレトレーニング
    (1)
  • キーワードをもっと見る

    検索結果:70件

    1object(WP_Post)#398 (24) { ["ID"]=> int(1066) ["post_author"]=> string(1) "2" ["post_date"]=> string(19) "2019-03-07 19:18:05" ["post_date_gmt"]=> string(19) "2019-03-07 10:18:05" ["post_content"]=> string(423) "プラネタリウム鑑賞でのこと。 「ロケットに乗ってみんなも宇宙に行ってみよう」と解説の方の言葉に続き、天井の星空に地球が映し出されました。 そのあと「もっといろんな星も見てみましょう」と地球が天井から消えていくと、 Aくんは「落ちる」と言いながら、椅子の肘掛をしっかりと握っていました。" ["post_title"]=> string(33) "天井から地球が消えると" ["post_excerpt"]=> string(0) "" ["post_status"]=> string(7) "publish" ["comment_status"]=> string(6) "closed" ["ping_status"]=> string(6) "closed" ["post_password"]=> string(0) "" ["post_name"]=> string(99) "%e5%a4%a9%e4%ba%95%e3%81%8b%e3%82%89%e5%9c%b0%e7%90%83%e3%81%8c%e6%b6%88%e3%81%88%e3%82%8b%e3%81%a8" ["to_ping"]=> string(0) "" ["pinged"]=> string(0) "" ["post_modified"]=> string(19) "2019-03-07 19:18:05" ["post_modified_gmt"]=> string(19) "2019-03-07 10:18:05" ["post_content_filtered"]=> string(0) "" ["post_parent"]=> int(0) ["guid"]=> string(51) "https://hirono-k.ed.jp/?post_type=angel&p=1066" ["menu_order"]=> int(0) ["post_type"]=> string(5) "angel" ["post_mime_type"]=> string(0) "" ["comment_count"]=> string(1) "0" ["filter"]=> string(3) "raw" }

    天井から地球が消えると

    プラネタリウム鑑賞でのこと。 「ロケットに乗ってみんなも宇宙に行ってみよう」と解説の方の言葉に続き、天井の星空に地球が映し出されました。 そのあと「もっといろんな星も見てみましょう」と地球が天井から消えていくと、 Aくんは「落ちる」と言いながら、椅子の肘掛をしっかりと握っていました。

    五歳児

    天井に映し出された月

    プラネタリウム鑑賞でのこと。 天井に映し出された月を見ながら話を聞いていました。 解説の方が「もっと近づけて月を見てみましょう」とクローズアップされました。 すると、Aちゃんは「ぶつかる!」と言いながら、思わず顔を手で覆い、からだも避けていました。

    五歳児

    プラネタリウム

    プラネタリウム鑑賞に行く前日のこと。 Tくんは「明日のプラネタリウムは夜に幼稚園に集まってから見に行くの?」と尋ねました。

    五歳児

    ミカンの種

    給食の時間、デザートのミカンを食べ終わったYくん「これあげる」とミカンの種をくれました。 保育者「種、くれるの?」 Yくん「土に植えたらいいよ!生えてくるから」 私も昔“グミの実の種を植えて、生えないかな?”と待っていたのを思い出しました。

    五歳児

    ケーキを食べるとき

    歩き線でのこと。 Keくんが「先生が子どものときはケーキあった?」と聞いてきました。 保育者が「あったよ、チョコレートケーキやショートケーキ。ケーキの話してたらケーキ食べたくなってきたね。Kくんも食べたくない?」と話すと、 Kくんは「えっ、でも誕生日まだやしな」と言いました。 ケーキは誕生日のときに食べる特別なものだと思っているのでしょうね。

    五歳児

    同じ名前

    サンガファンのAくんとNくんは、バスの中でもよくサンガの選手の話題をしています。 Aくん「あんな、カイオ(カイオ・フェリペ・ゴンサウベス)ってぼくと同じ名前やで」 Nくん「全然違うやん」 Aくん「だってな“あきと”のあー(A)と“カイオ”のカー(Ka)って延ばしたら“あ”に聞こえるやろ。“き”も“と”も延ばしたら“カイオ”の“イ”と“オ”になるんやで」と母音と子音に分けて考えていました。

    五歳児

    アネモネの布団

    アネモネの球根に吸湿させるため、土の上に並べています。 Sくん「アネモネ、布団がないし寒そう!」 と言って、 クラスの友達のすべてのポットの上に樫の葉(の布団)を掛けてあげていました。

    五歳児

    江戸いろはカルタの一句

    サッカー大会ではキーパーのポジションだったHくん。シュートが決められるたびに独り言を言っています。 耳を澄ませて聞いてみますと「負けるは勝つ」と保育で取り組んでいる江戸いろはカルタの一句を言っていました。 その反対に、自チームのシュートが決まると「油断大敵」とつぶやいていました。

    五歳児

    もみじ組はどこ?

    部屋に遊びに来てくれたHくん 「もみじ組ってどこにあるの?」 Uちゃんが「下にあるよ」と言うと、 Hくんは不思議そうな顔をしながら床を眺めています。 保育者「階段を降りてふじ組の下のところにあるよ」 Hくんは納得した表情で、階段を降りていきました。

    三歳児五歳児

    白い息

    朝のバスでのことです。 Kくん「今日寒いから息が白いよ!でも、外では白かったのにバスではならないなぁ」 保育者「バスのなかは温かいもんね」 Yちゃん「手に息かけたら白くなるんじゃない?冷たいもん」と言って二人で手に息を吹きかけていました。

    三歳児五歳児

    名前のプレゼント

    休み時間に女の子たちが名前について話していたときのこと。 Mちゃん「“I(名字)”って名前はお父さんからのプレゼントで“M(名前)”はお母さんからのプレゼントでできているの」と嬉しそうに話していました。

    五歳児

    煙の臭いをかいで

    鉄道博物館でのこと。 SLスチーム号の煙の臭いをかいでKくんは「どこかでバーベキューやってはる」と言いました。

    五歳児

    トップへ戻る

    天使のひと言を投稿してみませんか?

    子ども達がなにげなく発する「かけがえのないひと言」を、保育の現場から先生達が集めてご紹介します。
    採用させていただいた「ひと言」はこちらページでご紹介します。

    投稿はこちらへ

    天使のひと言を投稿してみませんか?