天使のひと言 

よく検索されるキーワード

  • 避難訓練
    (1)
  • 着替え
    (1)
  • 教材
    (3)
  • バス停
    (1)
  • 給食
    (1)
  • パス
    (1)
  • バイク
    (1)
  • 算数
    (1)
  • ご褒美
    (1)
  • 握手
    (1)
  • 指導
    (1)
  • ツバメ
    (1)
  • 健康診断
    (1)
  • 太陽の塔
    (1)
  • 万博公園
    (1)
  • 遠足
    (1)
  • 上靴
    (1)
  • おもちゃ
    (1)
  • おかたづけ
    (1)
  • 自由画
    (1)
  • トイレトレーニング
    (1)
  • キーワードをもっと見る

    検索結果:51件

    1object(WP_Post)#398 (24) { ["ID"]=> int(1043) ["post_author"]=> string(1) "2" ["post_date"]=> string(19) "2019-03-07 18:31:36" ["post_date_gmt"]=> string(19) "2019-03-07 09:31:36" ["post_content"]=> string(474) "お兄ちゃんを送ってきたあと、園庭で遊んでいた妹さんがお母さんと帰られるところに出くわしました。 一度外靴を脱いで廊下に上がり北門の方へと、お母さんは先に妹さんを誘導されました。 するとこれを見ていたさつき組のRちゃんは、さっとお母さんの靴を北門側に運んだのです。 なんと気が利くのでしょう!お母さんと私は感動しました。" ["post_title"]=> string(21) "お母さんの靴を" ["post_excerpt"]=> string(0) "" ["post_status"]=> string(7) "publish" ["comment_status"]=> string(6) "closed" ["ping_status"]=> string(6) "closed" ["post_password"]=> string(0) "" ["post_name"]=> string(63) "%e3%81%8a%e6%af%8d%e3%81%95%e3%82%93%e3%81%ae%e9%9d%b4%e3%82%92" ["to_ping"]=> string(0) "" ["pinged"]=> string(0) "" ["post_modified"]=> string(19) "2019-03-07 18:31:36" ["post_modified_gmt"]=> string(19) "2019-03-07 09:31:36" ["post_content_filtered"]=> string(0) "" ["post_parent"]=> int(0) ["guid"]=> string(51) "https://hirono-k.ed.jp/?post_type=angel&p=1043" ["menu_order"]=> int(0) ["post_type"]=> string(5) "angel" ["post_mime_type"]=> string(0) "" ["comment_count"]=> string(1) "0" ["filter"]=> string(3) "raw" }

    お母さんの靴を

    お兄ちゃんを送ってきたあと、園庭で遊んでいた妹さんがお母さんと帰られるところに出くわしました。 一度外靴を脱いで廊下に上がり北門の方へと、お母さんは先に妹さんを誘導されました。 するとこれを見ていたさつき組のRちゃんは、さっとお母さんの靴を北門側に運んだのです。 なんと気が利くのでしょう!お母さんと私は感動しました。

    四歳児

    クイズ番組を見ていて

    (アタック25の)クイズ番組を見てテレビの前で答えていました。3問ほど答えることができ、私が「お母さん、いけそうやな(出場できそうやなの意味で)」と言うと、 Tくん「行ったらあかん」とテレビの世界に行くと思い必死で止めて来ました。

    四歳児

    看板の矢印

    私が子どもの頃の話です。道路沿いにある「○○まで△メートル」という看板とともに矢印があり、直進だと矢印が上を向いています。 それを上に行くものだと勘違いしていました。 しかし、両親はその勘違いを子どもならではの考えと認め「目をつぶってみ、いま上に行ってるよ」と言葉をかけてくれました。

    四歳児

    ハート模様の種

    園庭のフウセンカズラを割って遊んでいたIくん。 種にハートの模様があったので「なんでハートなんかな?」と聞いてみると、 「幸せなんちゃう?」と答えました。

    四歳児

    花の水やり

    朝、花の水やりをしているときのことです。 Sくんは何も植わっていない土の植木鉢に毎日水をやっています。 保育者「そこ、お花咲いてないけど…」 Sくん「だって、お花咲くよ?」 芽が出ていない土にも、水をあげればいつか芽が出ると信じていたSくんに申し訳なさを感じたのでした。

    四歳児

    ノーチャイムデ―の教室

    朝の登園時のことです。 保育者「Rちゃんおはよう!」 Rくん「おはよう。先生どこにいるの?」 保育者「え?ここにいるよ」 Rくん「違うやん、これやん」と差し出されたのはノーチャイムデーのお知らせでした。 Rくんが聞きたかったのは、ノーチャイムの教室でした。

    四歳児

    東本願寺の前を通ると

    動物園行きのバスが東本願寺の前を通りました。 すると、Rくんの「忍者がいるところや!」の声で、 周りの子どもたちも「忍者、忍者」と喜んでいました。

    四歳児

    古いお寺を見て

    京都市動物園に向かうバスのなかでのこと。 東本願寺の横を通った際、Iくんは「急にえらい田舎に来たな…」と言いました。 古いお寺を見てそう思ったのでしょうか。

    四歳児

    アルファベットを身体で表現して

    同じくNちゃんの絵の中にアルファベットらしき文字が描いてありました。よく見ていると“VMCA”と書いてありました。子どもからすると自分の身体で表現していた“Y”の文字が“V”と認識していたんだなと感心しました。

    四歳児

    玉入れの絵

    運動会の翌日、Nちゃんが大きな紙に絵を描いて持って来てくれました。一つひとつ見ていると、玉入れの籠の横に紅白玉が何個も描いてあり、矢印が籠の中に向けられていました。 “もっと入れたかった”という思いが表れているなと感心しました。

    四歳児

    ドローンに乗っている人

    幼稚園にきたドローンを見に行ったときのこと。 初めて見るドローンに子どもたちは興味津々でした。 そして、高いところから徐々に着陸しようとしている様子を見て、Kちゃん「小っちゃい人、誰も乗ってへん!」 小さい乗り物には小さい人が乗っていると思っていたのと、 誰も乗っていないのに動いているドローンにびっくりしていました。

    四歳児

    ☆のマーク

    ノーチャイムデーの日の朝、バスで「今日はどこに行くかな?」とみんなで話していると、 Kちゃんは「☆のマークのあるところは夜まで遊べるの?」と楽しみにしているようでした。 (スモックを着て活動するところに☆のマークが付いているのです)

    四歳児

    トップへ戻る

    天使のひと言を投稿してみませんか?

    子ども達がなにげなく発する「かけがえのないひと言」を、保育の現場から先生達が集めてご紹介します。
    採用させていただいた「ひと言」はこちらページでご紹介します。

    投稿はこちらへ

    天使のひと言を投稿してみませんか?